Impinj Speedway R420 UHF RFID Reader JAPAN (4 Port) + Power

  • -

Impinj Speedway R420 UHF RFID Reader JAPAN (4 Port) + Power

$1,949.00$2,050.00

ImpinjスピードウェイR420 UHF RFIDリーダー(4ポート)+電源。 日本での使用を認可されています。

Clear

Description

Impinjスピードウェイリーダーについて

Impinjのスピードウェイリーダーは、信頼できるRAIN RFIDベースの情報に必要なパフォーマンス、品質、信頼性を提供します。 幅広いアプリケーションでの固定リーダーのインストールベースが最大で、障害発生の平均時間とサポート製品とツールの組み合わせにより、スピードウェイリーダーはすべてのアイテム可視性プラットフォームソリューションの強力な要素です。 Speedwayの革新的なオートパイロット機能は、毎日、最高のパフォーマンスを提供します。

日本での事業

頻度プラン
スピードウェイは、最近日本での使用が認可された新しい915.7〜920.9MHz帯で動作します。
キャリアセンス(LBT)を必要としない4つの高電力チャネルは、
次の表

日本の頻度計画

LLRPチャネル番号中心周波数(MHz)
1916.8
2918.0
3919.2
4920.4

電源
スピードウェイはImpinj認定のアンテナでのみ動作し、36
日本のRFID規制ごとにdBm EIRP。 スピードウェイの出力は、日本
RFIDの規制は30dBmです。

含まれるもの:

  • Impinj R420、4ポートリーダーユニット、モデル:IPJ-REV-R420-JP22M1
  • Power over Ethernet(PoE)インジェクタ(IEEE 802.3af準拠)、電源コード、イーサネットケーブル
    インストールと操作ガイド、ライブアシスタンス
  • オートパイロットファームウェア、ソフトウェア開発キット(SDK)
  • 1年間の工場保証

オンボードファームウェア/ソフトウェアの感覚、構成、適応

スピードウェイリーダーは、オートパイロットを使用しています。オートパイロットは、リーダーの動作を自動的に最適化し、常に最高のパフォーマンスを発揮するために連携するユニークなファームウェア機能のセットです。

  • 自動設定 – RFノイズと干渉のレベルを感知し、適切な設定を自動的に選択します。
  • 低デューティサイクル – RF干渉、消費電力、エネルギーコストを削減
  • ダイナミックアンテナスイッチング – タグが現場にある場所を感知し、最大のタグ集団を持つアンテナに自動的に焦点を当て、スループットと効率を向上させます

機能と利点

  • デバイスの管理と監視
  • EPCglobal LLRP(Low Level Reader Protocol)をサポートする業界標準のアプリケーションインターフェイス
  • 高い送信電力(最大+ 30.0 dBm)
  • 業界最高のRF感度(-84dBm)により、精度が向上し、読み取り範囲が長くなります
  • PoE(Power over Ethernet)およびWiFi /セルラーモデム接続オプション
  • 業界最高の信頼性を実現する品質設計
  • オートパイロット – ユニークなファームウェア機能のセットが連携して、環境に対するリーダーの操作を自動的に最適化します
  • Autoset – リーダーの設定を継続的に最適化し、最も信頼性の高いパフォーマンスを実現
  • 低デューティサイクル – RF干渉、消費電力、およびエネルギーコストを削減
  • ダイナミックアンテナスイッチング – スループットを向上させ、リーダがより効率的に動作するのに役立ちます
  • 最高の受信感度、干渉除去、アイテムレベルのキャリアキャンセルなどの多くの要求の厳しい顧客にとって、オリジナルのスピードウェイを選択肢とする高度なハードウェア機能を向上させました
  • 4アンテナポート – Impinjスピードウェイアンテナハブで32個のアンテナに拡張可能で、総所有コストを削減し、アプリケーションの柔軟性を向上

仕様

電気:

  • エアインターフェイスプロトコル:GS1 / EPCglobal UHF Class 1 Gen 2(ISO 18000-6C)
  • 動作周波数:UHF 915.7〜920.9 MHz(日本)
  • 送信電力(PoE):+10.0〜+ 30.0 dBm
  • 送信電力(外部DC電力):+10.0〜+ 30.0 dBm(JP2は30 dBmに制限されています)
  • 最大受信感度:-84dBm
  • 最大読み取り距離:> 15メートル
  • 最大読み取り速度:> 1,100回のタグ読み取り/秒
  • データインタフェース:RS-232、イーサネット
  • GPIO:GPI光学的に絶縁された3〜30V / 4 GPO光学的に絶縁された0〜30Vの非絶縁型5V、100mA電源(DB-15)
    電源(POE):IEEE 802.3af
  • 電源(外部DC電源):LPSまたはクラス2とマークされた+ 24VDC @ 800mA、定格最小2.5Aの、リストされた/認定された電源

機械的:

  • アンテナポート:4 RP-TNC、Impinjスピードウェイアンテナハブ搭載の32アンテナまで拡張可能
  • 寸法:7.5 x 6.9 x 1.2 in(190.5 x 175.3 x 30.5 mm)
  • 重量:1.5ポンド(680.3 g)

環境:

  • IP評価:IP 52
  • 動作温度:-20℃〜+ 50℃

アプリケーションインターフェイス:

  • ホストAPI:.NET
  • デモソフトウェア:MultiReader Software

About Impinj Speedway Readers

Impinj’s Speedway readers deliver the performance, quality, and reliability necessary for robust RAIN RFID-based information you can count on. With the largest installed base of fixed readers across a diverse range of applications, high mean time between failure, and a suite of supporting products and tools, Speedway readers are a powerful piece of every item visibility platform solution. The Speedway’s innovative Autopilot capability delivers peak performance—all day, every day.

Operation in Japan

Frequency Plan
Speedway operates within the new 915.7 to 920.9MHz band recently approved for use in Japan.
The four high power channels that do not require carrier sense (LBT) are supported as listed in
the table that follows.

Frequency Plan for Japan

LLRP Channel NumberCenter Frequency (MHz)
1916.8
2918.0
3919.2
4920.4

Power
Speedway may only be operated with Impinj-approved antennas and can radiate no more than 36
dBm EIRP per the Japan RFID regulations. The Speedway output power is limited per the Japan
RFID regulations to 30dBm.

What’s Included:

  • Impinj R420, 4-Port Reader Unit, Model: IPJ-REV-R420-JP22M1
  • Power over Ethernet (PoE) Injector (IEEE 802.3af Compliant), Power Cord, Ethernet Cable
  • Installation and Operations guide, live assistance
  • Autopilot firmware, Software Development Kit (SDK)
  • One Year Factory Warranty

Onboard firmware/software senses, configures, adapts

Speedway readers use Autopilot, a set of unique firmware features that work together to automatically optimize the reader’s operation for its environment, delivering peak performance at all times.

  • Autoset—senses levels of RF noise and interference, automatically selecting appropriate settings
  • Low duty cycle—reduces RF interference, power consumption, and energy costs
  • Dynamic antenna switching—senses where tags are in the field and automatically focuses on antennas with the largest tag populations, improving throughput and efficiency

Features

  • Device management and monitoring
  • Industry standard application interface with support for EPCglobal Low Level Reader Protocol (LLRP)
  • High transmit power (up to +30.0 dBm)
  • The industry’s highest RF sensitivity (-84dBm) provides greater accuracy and longer read ranges
  • Power over Ethernet (PoE) and WiFi/cellular modem connectivity options
  • Quality design resulting in industry’s highest reliability
  • Autopilot — a set of unique firmware features work together to automatically optimize the reader’s operation for its environment
  • Autoset — continuously optimizes the reader’s configuration for the best, most reliable performance
  • Low duty cycle — reduces RF interference, power consumption, and energy costs
  • Dynamic antenna switching — improves throughput and helps the reader work more efficiently
  • Improves upon the advanced hardware capabilities that made the original Speedway the reader of choice for many demanding customers—capabilities such as best receive sensitivity, interference rejection, and item-level carrier cancellation
  • 4 Antenna Ports – Expandable to 32 antennas with Impinj Speedway Antenna Hub to deliver low total cost of ownership and greater application flexibility

Specifications

ELECTRICAL:

  • Air Interface Protocol: GS1/EPCglobal UHF Class 1 Gen 2 (ISO 18000-6C)
  • Operating Frequency: UHF 915.7 to 920.9 MHz (Japan)
  • Transmit Power (PoE): +10.0 to +30.0 dBm
  • Transmit Power (External DC Power): +10.0 to +30.0 dBm (JP2 limited to 30 dBm)
  • Max Receive Sensitivity: -84 dBm
  • Max Read Distance: > 15 meters
  • Max Read Rate: > 1,100 tag reads per second
  • Data Interface: RS-232, Ethernet
  • GPIO: 4 GPI optically isolated 3-30V/ 4 GPO optically isolated, 0-30V, non-isolated 5V, 100mA supply (DB-15)
  • Power Source (POE): IEEE 802.3af
  • Power Source (External DC Power): Listed/Certified power supply, marked LPS or Class 2, with +24 VDC @ 800mA, rated minimum 2.5A

MECHANICAL:

  • Antenna Ports: 4 RP-TNC, expandable to 32 antennas with Impinj Speedway Antenna Hub
  • Dimensions: 7.5 x 6.9 x 1.2 in (190.5 x 175.3 x 30.5 mm)
  • Weight: 1.5 lbs (680.3 g)

ENVIRONMENT:

  • IP Rating: IP 52
  • Operating Temperature: -20 ºC to +50 ºC

APPLICATION INTERFACE: 

  • Host API: .NET
  • Demo Software: MultiReader Software

Additional information

Weight4.5 lbs
Dimensions15 × 14 × 4 in
Power Options

PoE Injector for Single Speedway R420 RFID Reader, 5-Port PoE Switch for Multiple Speedway R420 RFID Readers, Impinj Speedway Power Supply, None

Warranty

1-Year


Go To Category

%d bloggers like this: